星砂の島の小さな天使

星砂の島の小さな天使~マーメイドスマイル~

星砂の島の小さな天使~マーメイドスマイル~

ストーリー


綺麗な空、美しい海、そこを通る風。息をのむ美しい景色が広がる、沖縄県竹富島。美しい自然を多く残すこの島も、観光客の減少、医師不足などの問題を抱えていた。島の将来をめぐり、昔を懐かしむばかりのおじい達や青年部、対して観光客倍増計画を進めたい観光課勤務の中浜光一(三上真史)たちは喧々諤々の議論を重ね、島の人々からは笑顔が消えてしまっていた。そんなある朝、光一とその弟・瞬一(牧田哲也)は砂浜に倒れている一人の少女・美海(飯田里穂)を見つける。美海は成り行きで光一と瞬一の実家である民宿でアルバイトをすることになったが…。
慣れないながらも一生懸命働く美海は、たちまち島で評判となり、人々に受け入れられていき、美海の影響からか、島の人々に笑顔が戻り始めていた。
しかし瞬一に憧れている中学生のユカ(前田憂佳)は、そんな美海がおもしろくない。なんとか美海の正体を暴こうとするうちにユカがたどり着いたのは、“ニライカナイの人魚伝説”だった。
ユカは、美海が人魚だと光一に訴えるが、それを聞いた光一は美海を“ミス人魚”として広告塔に利用しようと企てる。
瞬一は父親の形見であるカメラで、人々と美海の笑顔を撮り続けるうちに、島の将来、自分の将来、さらに美海に対する自分の気持ちに気付いていく。しかし美海にはある秘密が隠されていた。
美海は瞬一に、自分が島に来た理由は“ニライカナイ”だと、そして自分の持つ不思議な力を告白する…。

出演 

飯田里穂、牧田哲也、三上真史、美保純、相島一之、前田憂佳、矢口真里、津田寛治、長州力、大地康雄、他出演者

スタッフ

監督:喜多一郎 製作総指揮:中嶋昭、田中英彦、川端基夫 製作:浅田直也、浅生英、市川篤、松村俊輔、トブシンバト 脚本:おかだしげる 八重山音楽:萬木忍、生盛良洋 製作:「星砂の島の小さな天使製作委員うつぐみの会」 (放映新社、ビー・ウイング、Thanks Lab.Tokio’s Entertainment、内蒙古TOA文化交流商会、フィルムクラフト、フィスキタ)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP